読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1991-2017

タイトルなし

銃で頭や心臓を撃ち抜かれたとして

私の体はとても邪魔な、
処分に困るものになるんだろう


友達に
お願い、本当にお願い・・・
なるべく苦しくないように
殺してくれと頼んだとして

私の望みを叶えてくれたとして
人を雇ったりして 殺してくれたら 友達は
私を見る最後の時間をつくろうとするのか
そうしてほしくなくても私はどうすることもできない


生前に何かを頼んだとしても
最終的にどうするか、したいか
決めるのは生きてる人たち・・・
もし自分が決めたとおりを通したいなら
全部自分一人で処理するべきで・・・
せめて 生きてるうちに
周りの人とお別れすること・・
自分が寂しいからと、親しい人が自分を気にかけたままではいけない
冷静な頭でならそう思うのに
ぽしゃんと
呆気ない音でも立てて、沈んでしまいたくなる時がある。
水たまりにでも、ぽしゃんと沈んで
浮き上がってこなければいいのにと。


死にたい人が安楽死を選べたとして
自分の体が、安楽死をした他の人たちの死体と
同じ一箇所にまとめて置かれるなら
私はきっとかなしいと思うんだろう
ものの一つにすぎない
特別でもなんでもない、さびしい自分を感じて
もう自分の居場所からいなくなってるくせに
どうしてか、まださみしくなるんだろう

スイスで70万円くらいでできるみたいだよ。


撃ち殺されて海に沈められる私は静かに沈んでいく。
深夜、朦朧としたまま海に沈んでいくようなやたら静かな気持ちだった。