読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1991-2017

芸術を体験する

現在、資生堂ギャラリーにて吉岡徳仁氏の展覧会が開催されている。
期間は2017年1月13日(金)から2017年3月26日(日)なので、自分としては何としても行ってみたい・・・。
SPECTRUM - Resonant rainbows radiate from prisms  /  2017
www.tokujin.com

見るだけではなく、音で感じたり、自分の手で触れてみるといった
体験型の展示にはとても強く惹かれる。
まるで自分が場と一体化するような不思議な心地よさがある。
(そこにある素晴らしいものに触れることができるということが、一種の所有欲を満たしてくれるからなのか・・・)

完全に行きそびれてしまったMedia Ambition Tokyo 2017

MAT2017 teaser


インスタグラムの投稿で知ったのだ・・・遅かったのだ・・
いや
どちらにしても行くお金なんてないわけですが・・・
だからまあ むしろ
気づかなくてよかったんじゃないかなと思います。
それに、こういう体験型の展示は残念ながら
ちょっと一人では行きづらい・・。

大きな催し物は、どこも混雑を極めますが
個人的に2回、入場をチャレンジして断念した企画展があります。
21-21 DESIGN SIGHT「デザインの解剖展:身近なものから世界を見る方法」*1です。
ここはもう
カップルさんも、ご家族連れさんも楽しめるので
混雑を回避してゆっくり楽しむなんてムリ!(笑)

「おいしい牛乳」の牛乳パックが
一文字ずつ積み木のようにバラバラになっていて、来場者が自由に文字を組み立てられる。
「あんどー牛乳」だとか「みんなの牛乳」だとか・・・
行ってないから詳しくはわからないんですけどね・・・。


こういった、一緒に考えたり鑑賞後に疑問や興味が残るものというのは本当に素晴らしい。
21-21 DESIGN SIGHTの過去の企画展では佐藤雅彦氏の「これも自分と認めざるをえない展」*2
同氏がギンザ・グラフィック・ギャラリーで行った「指を置く」展*3

吉岡徳地仁氏がインタビューの際に語っていた。
「ショウウィンドウのガラスに子どもの手形の跡があったら、良い作品」
パリで行われたイッセイミヤケの展示会でも多くの子どもたちが楽しんでいた。
宙に浮き、ポンプのように伸び縮みする服たち。
その下で、伸びきって下におりてくる服をはしゃぎながら待つ子どもたち・・・。

作品だけでなく、人と人が作り上げるとてもいい空間。