1991-2017

欠け落ちたもの

ちゃんとした大人になれていないままだった


私たちはどこか足りない、
自分を大切に出来ないもの同士

弱さを支えあいながら生きていこうと思っていた

それが彼にとっても 私にとっても
幸せなことだと思って交際していた。


でもそれは違っていたらしい。

職場の上司や、友人に彼を紹介すると
皆 交際を快く思わなかった。
別れたほうがいいよとさえ言われた。

(みんな彼を見た目で判断して勘違いしてるんだ、だから嫌なんだよこんな世の中。嫌いだ嫌いだ嫌いだ)


彼との交際は続いた。

しかし、どんどん世間一般から離れていく感覚があった。

世間一般って何?

でも、この「何かから離れていく」感覚は何だ?


世間から隔離された二人のワンダーランドに閉じ籠っているんじゃないか?

(明るい家庭を築きたいね、お前は元気な子どもを生まないとね、そうだね)



指摘を受けた。
あなたが彼から受けているのはモラハラだと。




こんなに大切なのに、どうして分かってくれない

所詮その程度の気持ちだったんだね



私は彼との関係を終わらせようとしている


お別れはとても悲しい

離れたくはないんだよ、でも、離れないと
お互いがだめになってしまいそうな不安が

不安が 私を蝕んで
周りの声が 私を狂わせて
あなたも 私を別の方法で狂わせようとしていて

私は、

駈け落ちするか一生関わらないかのどちらか。