読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1991-2017

私は隠すのにあなたが

私は髪で顔の周りを隠す。
あまり顔が見えないように
目だけが 私が好きな私のパーツ


でもあなたは私の髪を耳にかけさせて、
前髪まで上げてしまうのね、
それでね、私が隠そうとしても
真っ直ぐこちらを 見ているの

そんなことされたの だって 初めてだから
泣いてしまった

嬉しくて

嬉しくて…

ああ、ねえ、とても愛してくれてて。

私も真っ直ぐあなたを見たい