1991-2017

カシューナッツ

僕は大人にってから、ナッツが好物になった。

よく買うのがアソートになっているもの。
でも欲を言えば、僕はカシューナッツが大好きだ。


父が仕事の関係で乗るビジネスクラスの飛行機に一緒に乗せてもらったのが小学一年生。
その時のフライトで、夜にワインと一緒に出されたカシューナッツの甘みや食感。数十年経った頃になって僕の五感を刺激しに来た。

カシューナッツは、一種の大人の証のように思えた。
ビジネスクラスの飛行機に乗り、海外へ行くさまは、成功の証のようにも思えた。
このカシューナッツという存在だけでここまで優越に浸れる僕の現状は、まぁお察しなわけだが。

ミックスナッツの中からランダムに引くと、一番にアーモンドを掴むことが多い凡人だ。袋に手を入れ、無造作に出すと大体アーモンドだ。比率的な問題もあるが、僕はそれでも、ずっとカシューナッツを引いていたい。