読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1991-2017

食べ物がお題の短文 最終更新07/04

胃酸が込み上げてることに気付かず飲み込んで倍量込み上げてきたから吐いた
ただの透明な
不純物を入れないブラックコーヒー 悪魔的な飲み物


缶詰め地獄
コーヒー缶の散らかる部屋
今日も自分の枕元にコーヒー缶が一つ。一つ。二つ。
灰皿代わりにしたものからは しなびた煙草のにおいがする。


銀の匙』で、「大人になって、自分の体をつくる栄養をきちんと摂れるということは、自分の体と話し合える感性がある」「それは君らの親が色んな物を食べさせてくれたからだよ」ということらしい。凄い言葉。