読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1991-2017

ものをあげること

何かをあげるのは 、相手のためを思うんじゃなくて自分があげたいのだ。

あげたいっていう自分の欲求を満たすためにあげてる。

そのことを私はもっと自覚しなくちゃいけない。


なぜあげるのか?

自分があげるもの(恩恵や特権)を持っているから

自分が持っているものを分け合いたいから

分け合いたいって気持ちはきっと善意。

そしてその人の善意・好意は否定されるべきじゃない、と皆、思ってる。

でも恩恵や特権が自慢たらしくて嫌らしいと思われないこともない。

自分にその気がないとしても、そう思われるんじゃないかと…。


あげる時っていうのは相手に喜んでほしい(喜ぶべきだ)という期待までついてくる。

ものをあげるより、問題と向き合い続けることが難しい。

そのものが本当に相手の役に立つか。思い込みや価値観の押しつけじゃなく、真剣に考えることが出来てるか?

自分の行動すべてを善意だと思い込まないことと、単純な善意が暴力に変わることがあるってことをちゃんと分かってないと喜んでもらう所か受け取ってももらえない。