読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1991-2017

物語(フィクション)

仕事以外をさせられる僕の話

今回の融資の相手は気立ての良さそうな老夫婦であるから、そこまで気を回さなくとも無事に終わるだろう。お茶菓子をごちそうになって、ハハハと談笑し、寧ろ癒される時間になるかもしれない。と新入社員の頃の僕なら思っていただろう。そして今の僕でも、ち…

仕事をする僕の話

「では、十三時にそちらへ向かいます。昼食が終わって、一休みなさった頃合いになりますかね。いかがでしょうか?もう少し遅らせましょうか、ああ、構いませんか。有難うございます。はい。失礼します。」僕はこれから融資の相談をするために商店街へ行く準…