1991-2017

おジャ魔女どれみ・・・

私は世代でいうと、「セーラームーン」と「おジャ魔女どれみ」のどちらも知っている世代です。

ただ、セーラームーンは幼稚園の頃のアニメなので記憶がちょっと曖昧なのですが
「スーパー」と「R」からは親があまり見せたくなかったとのこと(私がそこそこ大きくなってからの後日談)
その理由はたぶん、男の子のキャラがうさぎちゃんを執拗に構いまくったり、劇場版かでは、うさぎちゃんの銀水晶を無理やり奪おうとしてちょっとエッチなことになっていたから(※そういう変な目で見れば)

ちなみに「東京ミュウミュウ」「マーメイドメロディーぴちぴちぴっち」にお咎めはなかったです。
ちゃお、りぼん、なかよしを姉妹で回し読みしてましたが、漫画には家族の検閲が入らなかったです。笑

セーラームーンとくらべて登場人物の頭身が大きく変わった「おジャ魔女どれみ」でも、シリーズの途中から男の子グループが登場しましたね。
何も言われなかったのですがね・・・。よくわからない躾の基準です。


とくに取り上げて話題にはしていかないのですが
私の思春期の話を邪魔なことながら挟みますと
クラスの男の子を避けていたことや、
同性・・・女の子の友達にも
ヤキモチを妬いていたというのは、ここが出発地点だったのかもしれない。
もしかしたら、異性にたいする感情が抑圧されて、同性に向いてしまったとか・・。
そう思わせる、深刻な事件が一つ、あったはあったのですが
女の子同士ということに縁がないわけではなかったのでした。と、ボヤかして言うだけに留めます。

今は普通に男性と恋愛もするし、
女性は相手のかたによっては苦手すぎるし怖いです。

ーーー

リアルの社会生活と、
日曜朝に毎週放送されるキッズアニメ・・・。
昔なんて、この二つの違いなんて気にもしなかったのに、大きくなるとドハマりして現実の環境が疎かになることは少しあった。
子どもの頃だからいいものの、大人になると「おジャ魔女どれみカフェ」なるものにも率先していってしまうだろう・・・。そしてお高い限定メニューを食べて、特典のキーホルダーだとか、なんだとかをコンプリートしようともする・・・。
(実は、なんと今年の4~6月にヴィレッジヴァンガードがそんなファンタスティックなことをしていたのだ・・・。
何十年前のアニメの話をしているんだ!!)


放送当時、純粋な気持ちで見ていた「おジャ魔女どれみ」は本当に好きで

「普通の女の子がある日突然みんなには秘密のとくべつな役を担う」アニメのなかでも
魔法の世界は女の子ならきっとみんなダイスキ!

満月を見ると自分もあの満月のほうへとんでいって、月のなかにポワンと入って消えていくのを夢中で想像した・・・。

小学校の時には、将来の夢は魔女だったけど、魔女狩りというのを知ってからその夢はやめることにした・・・。


確か、林間合宿かで持って行ったインスタントカメラの余ったフィルムを使って
テレビを録画→一時停止→テレビ画面をカメラで撮影→現像 してもらっていた・・・。不思議な所有欲に駆られ続けたアニメだった・・・。現代でいうところのスクリーンショットを欲していたし、小児向けのパンツや肌着も欲しがったし、きっと余程どれみちゃんたちのようになりたいと思ってたんだとおもう・・・。


シリーズがとても長く続いて。。。いつ終わっちゃうのか、来年もやっててくれるのかなと心配になり始めた頃、なんかホントに終わりになりそうっぽい?と危機を感じたときに
番組宛てに、封筒に入れた手紙を送りました。便箋を十何枚か入れて・・・。
こんなに送るの~!?と母には言われましたが
郵便局で重さを量って、切手を貼ってもらって、送ってもらいました。

なにかしらの返信がこないかなぁ~~、それとか、アニメが終わらないでほしい~・・
いつも見ています!とか・・・
おジャ魔女どれみの絵と・・こんなコスチュームやおようふくがいい!みたいなことを、ずらずらと描いて送ったのは覚えてます。
自分で主要キャラを新しく考えて描いてたりもしていました。終わってほしくない大好きなアニメだったので熱心に切実に・・。

その後、「おジャ魔女どれみどっかーん!」が始まり、
手紙の返信は来なかったけれど、また新しくなって始まった!と興奮しました。
それから、自分が手紙で送ったアイデアが採用されてはないかな・・・と
なにかしらのリアクションを求めて・・・。
当時はウブな小学生ですから・・・
「わたしのキャラクターがでてくる!!」なんて
思ってました。

※登場したのはモモコちゃんです。

新キャラだけど・・・
わたしが考えた子じゃない。。。

小学生ですから・・・
ちょっと不貞腐れてました・・・。

オープニングで、アイコちゃんの私服がサロペットだったのですが

わたしも手紙のなかでアイコちゃんにサロペットを合わせていました。

もしかしたら、あの手紙は読まずに捨てられちゃったのかもしれない・・・。
でも、もしかしたらぺらっとでも見てくれて、なにか参考になって、いまテレビで流れているのかもしれない。。
でもそれなら、あいこちゃんのサロペットは私のアイデアなんだから手紙の一通でもよこしてほしい・・・ というのを、
小学生でしたがモクモクと考えて複雑な気持ちになっていたのは覚えてます。


高校に入って、そのときの友達が
戸田恵子さんをとても尊敬していたから、ファンレターを送っていたら
アンパンマンのお手紙で返信がきたのっ!と 凄く嬉しそうでした。
そのこは声優を目指していて、戸田さんのことは声優としても女優としても本当に尊敬していて大好きなのと言ってました。
なんだか・・・いいなあ・・・ちょっとうらやましいなーと思いました。笑

銀河浪漫

宮沢賢治ゆかりの地、岩手県の名産品を提供してくれていたお店。
錦糸町の店舗に何度かお邪魔したことがあった。
いつのまにか閉店してしまっていたのだが…。
私が知っている飲食店は少ないというのに、好きな場所に最近そんなことが重なる…。

雑談のなかて飲食店の話をしていて、懐かしく思いだしたので
自分の記憶と、お店について掘り下げていきたくなりました。

銀河浪漫というお店は、調べてみると
東松山の「ひびき」という焼き鳥のお店とJA全農がコラボしてできたお店とのこと。ふむふむ……最初から期間限定だったのかな……

食材には岩手産の銘柄豚や鶏を使っていて、お値段はリーズナブルなのに本当に美味しいお店だった。
お店が混雑していたところは、たまたま見たことがない。
いつも二組か、三組…。
ホールで注文をとる店員さんは1人。
テーブルにお客さんが三組いると、なかなか、自分のテーブルまで来てくれるのが大変そうだった…。待ってはいられるから平気だったんですが…。


初めて来店したときに、帰りのエレベーターまで店員さんが丁寧にお見送りをしてくれたことと、飴ちゃんをくれたことも、また来よう〜と思った理由。

食事中も、静かな店内は居心地がよくて
ちいさめに、ころころと笑ったり、
賑やかな場所が苦手な人にとっては落ち着く場所だと思いました。


そして料理が美味しかった…。

どうして客入りがイマイチそうなのか、よくわからなかった…。

だから、諸君……

もし、銀河浪漫が再出店、店舗移転、もしくは系列店が錦糸町以外にあるとして

「どこで何が食べたい?
イタリアン、中華、和食どれがいい?」と提案されたときに

「イーハトーヴォー(イーハトーブ)料理」と
答えるのだ。


イーハトーブ宮沢賢治による造語で、彼の心象世界中にある理想郷を指す言葉である。

岩手県をモチーフとしたとされており、言葉として「『岩手』(歴史的仮名遣で「いはて」)をもじった…等、由来には諸説あるそうです。

「銀河浪漫」は『銀河鉄道の夜』から来ているらしかったよ。

お料理も、お店のコンセプトも好きで
いつもデザートに行くまえに満たされてしまうから
デザートはまた今度…なんて思っていたら、お店がなくなってしまっていたんだから…。イタタマレナイ…。


最後に来店したとき、
唐揚げ食べ放題!ハイボール2杯目から250円(?)のサービスをしていた。
ご愛顧ありがとうございましたキャンペーンだったのかな…。
なんか…どうしちゃったのかなって…。

その唐揚げもね〜、美味しかったんです…。

1人で15個くらい食べたと思う。

初対面の人とも、仲のいい友達とも、恋人とも
きっと楽しく過ごせるお店だったろうから残念…。

美容:髪

シャンプーは手のひらにとったときに
少量の水分でかるく溶かしてから。

円を描くように優しく洗う。

コンディショナー、リンス、トリートメントは
地肌にはつけない。

ドライヤー

髪から20cm離す
同じ箇所ばかり当たらないように、ドライヤーを左右に揺らしたり
※下から上にブワッと一気に乾かさない

毛先や、少しの濡れた感じなら
冷風で乾かす

・・・

彼にたいして、またそんなふうに微笑んだら
私はニコニコしながら女の子ちゃんに暴言を吐いてやる。
この媚び売り女。その笑顔で他の人を落としてな!って。
その女ちゃんの服や腕を掴んで、彼から引き剥がして
どっかあっちのほうにブン投げてやりたくなるよ。

ヒトのために・・・

「自分が関わった人みんなを幸せにしたい」って人は
誰にたいしてもきっと優しくて
愛に飢えた人がいたら愛を足してあげて
愛を…足してあげて

またべつのところで困ってる人を見つけたら
すぐ助けるよ!と
あちこちにあらわれて力になってくれる
現れかたはヒーローみたい。

ずっと一人だけの傍にはいてくれない。

15:00

定期的に心細くなって不安になるなんていうと鬱の症状かと思われるのかもだけど、自分を振り回す状況が不定期に波のように来るから逃れようがない時もあるよ。
押し寄せて引いていく波を浮き輪でやり過ごしたいなぁ。